サンプルコード 一覧へ戻る

MQL5サンプルコード

【MT5(MQL5)サンプルコード】重文演算子(複数行を括弧で囲い、実行範囲として指定する)

スポンサーリンク

MT4(MQL4)/MT5(MQL5)の重文演算子

 if文などで、括弧で囲った範囲を実行対象と指定する事ができる記述方式。

{}

括弧で囲わない場合、if文だとif条件の次の行だけ実行されます。

括弧の後にセミコロン(;)は不要です。

MT4→MT5になっても変わらず使えます。

サンプルコード

void OnInit()  
{

   int x = 0;
   int y = 0;

   if(x==1)
      Print("1行目 x = ",x);  //この行は実行されない(xは0でx==1を満たさないため)
      Print("2行目 x = ",x);  //この行は実行される(ifが1行目にのみ有効なため)

   if(y==1)
   {
      Print("1行目 y = ",y);  //この行は実行されない(yは0でy==1を満たさないため)
      Print("2行目 y = ",y);  //この行も実行されない
   }
   
   return;
}

結果

2行目 x = 0

コメント

タイトルとURLをコピーしました