サンプルコード 一覧へ戻る

MQL5サンプルコード

【MT5(MQL5)サンプルコード】MathArctan2

スポンサーリンク

MT4(MQL4)/MT5(MQL5)のMathArctan2

 指定された2つの座標値のから求められる角度を返す関数です。

double MathArctan2(
double y     // 点のY座標
double x     // 点のX座標
 );

MT5になって新しく使えるようになった関数のようです。

atan2()でも同じ結果が得られます。

サンプルコード

void OnInit()  
{

  Print("MathArctan2(2,5) = ",MathArctan2(2,5));
  Print("MathArctan2(5,2) = ",MathArctan2(5,2));
  Print("MathArctan2(5,-2) = ",MathArctan2(5,-2));
  Print("MathArctan2(2,-5) = ",MathArctan2(2,-5));
  Print("MathArctan2(-2,-5) = ",MathArctan2(-2,-5));
  Print("MathArctan2(-5,-2) = ",MathArctan2(-5,-2));
  Print("MathArctan2(-5,2) = ",MathArctan2(-5,2));
  
   return;
}

結果

MathArctan2(2,5) = 0.3805063771123649
MathArctan2(5,2) = 1.190289949682532
MathArctan2(5,-2) = 1.951302703907261
MathArctan2(2,-5) = 2.761086276477428
MathArctan2(-2,-5) = -2.761086276477428
MathArctan2(-5,-2) = -1.951302703907261
MathArctan2(-5,2) = -1.190289949682532

コメント

タイトルとURLをコピーしました