サンプルコード 一覧へ戻る

MQL5サンプルコード

【MT5(MQL5)サンプルコード】ChartPeriod

スポンサーリンク

MT4(MQL4)/MT5(MQL5)のChartPeriod

指定されたチャートの時間足を返します。

ENUM_TIMEFRAMES  ChartPeriod(
  long  chart_id=0      // チャート識別子
  );

MT4→MT5になっても変わらず使えます。

chart_idはチャート識別子となっていて、セットされたチャートの通貨ペアを表示したい時は「0」になります。

別のチャートを指定したい場合は、ChartIDで取得できた番号をセットすればできます。

サンプルコード

現在のチャートの時間足を出力します。

void OnInit()  
{
   
   Print(ChartPeriod(0));
   
   return;
}

結果

チャート

出力結果

16385

H1が”60”ではなく”16385”になっているのは、MT4→MT5の仕様変更によるものです。

詳しくは【MT5(MQL5)サンプルコード】_Period、Period()を参照。

コメント

タイトルとURLをコピーしました