サンプルコード 一覧へ戻る

MQL5サンプルコード

【MT5(MQL5)サンプルコード】iHigh

スポンサーリンク

MT4(MQL4)/MT5(MQL5)のiHigh

 指定したローソク足の高値を取得できます。

double  iHigh(
  const string        symbol,         // 銘柄
  ENUM_TIMEFRAMES     timeframe,      // 期間
  int                shift           // シフト
  );

「shift」は、現在の足から何本分前にずらすかを表します。

MT4→MT5になっても変わらず使えます。

iHighestと似ていますが、iHighestは指定した期間内のすべての足の中で最高値のインデックスを返すのに対して、iHighは指定した足単体の高値を返します。

サンプルコード

過去のローソク足の高値を取得してチャートに表示してみます。

void OnInit()  
{

    Comment
    (
    "iHigh(""NZDUSD"", PERIOD_H1 , 1) = ",iHigh("NZDUSD", PERIOD_H1 , 1),"\n",
    "iHigh(Symbol(), Period() , 1) = ",iHigh(Symbol(), Period() , 1),"やっている事は↑と同じ","\n",
    "iHigh(Symbol(), 16385 , 1) = ",iHigh(Symbol(), 16385 , 1),"やっている事は↑と同じ","\n",
    "iHigh(Symbol(), 16385 , 2) = ",iHigh(Symbol(), 16385 , 2)," ※バーを2本シフト"
    );
    
   return;
}

PERIOD_H1が”60”ではなく”16385”になっているのは、MT4→MT5の仕様変更によるものです。

詳しくは【MT5(MQL5)サンプルコード】_Period、Period()を参照。

結果

1本前の高値が表示されているのが分かります。

2本前はこちら。

2本前の高値が表示されているのが分かります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました